Aperture 開発終了を知って。

そろそろだろうと思っていた。
先日のOS X Yosemiteにて「Photo」という写真アプリのデモを見た時から予感はしていた。

d080401309

「アラキさんはRAWデーターの現像はどのアプリを使っていますか?」と問われると「Apertureを使っています!」と言うとWindowsユーザーは「なんですか?それ?!」と問い直してくるし、MacユーザーであってもApertureを使用している人は決して多くは無く、コンシューマー向けのiPhotoで写真を管理している人の割合が圧倒的に多かったようだ。

Apertureは販売直後から導入していたが、今から見てもそのビジョンやプロ向けのRAWワークスタイルアプリとしては群を抜いていたように感じる。
Adobe Lightroomがこのプロ写真家向けの市場を今では独占しているが、メタデータ検索やブック作成、そしてスライドショー作成などではいまだにApertureのUIを超えることはできていない。

ネット上の情報によるとApertureからOS X Yosemite「Photo」への移行は可能らしいが、Aperture Libraryに数万枚以上も管理しているオイラなどはどのように移行するのだろうか?!
このブログを読んでいる人でもiPhotoやApertureで写真を管理されている方が少なく無いと思うが、それらの人々がOS X Yosemite「Photo」へLibraryを移行する作業はかなりの規模での作業となるはずだし、iCloudとの連携を視野に入れながらというのであればiCloudの容量の問題も出てくるのではないだろうか?!

そして今現在のiCloud自体に魅力を感じさせていないAppleがOS X Yosemite「Photo」との連携で写真というメディア管理をどのような舵取りをするのかに興味津々である。

Pocket