EF16-35mm F4L IS USMを知って。

先程「EF16-35mm F4L IS USM」が発表されたが非常に驚いている。
d060618091
広角系でF4の解放F値にISユニットを搭載すると言う意味が僕には理解できない。
もちろんISユニットを搭載すれば暗い箇所での手持ち撮影は可能になることも少なく無いであろうし、シャッター速度換算で4段分の手ブレ補正機構を搭載していれば今までに無い写真を撮影することも可能ではあろう。

だがキヤノンは今、この商品を世に出して良いタイミングなのだろうか?

Nikonのナノクリスタルコート広角ズームレンズに遅れをとり、高画素機でもNikonやSONYに揺さぶりをかけられ、TimeLapseや天体撮影のインターバルタイマー撮影機能では他社に大きく遅れをとっている。
知人や友人のプロの間では12〜24mmF2.8や14〜28mmF2.8などをキヤノンが何故出さないかを首を傾げているが僕も同意見だ。

優れた商品にはメッセージがある。
キヤノンのEOS 5D Mark IIには「動画と静止画を高い次元で融合し新しい扉を開ける」というメッセージを感じた。だが今回の16-35mm F4L IS USMからは全くメッセージを感じない。もちろんレンズのシャープネスや様々な性能は高いのだろうが「新しい扉を開ける」気分が感じられないのだ!!
広角撮影で今「新しい扉を開け」ているのはTimeLapseや天体撮影のあたりだろう。その人々の撮影データーを見れば彼等がISユニットの搭載よりも12〜24mmF2.8クラスのEFレンズを切望しているのが解るはずだし、ゴーストやフレアーを徹底的に除去したEFレンズの販売を待ち焦がれているのも感じられるはずだ。

このEF16-35mm F4L IS USMのメッセージは一体なんなのだろうか?
皆さんはこのレンズをどのように感じられただろうか?

写真はEF16-35mm F2.8Lにて撮影。

Pocket